2010年09月21日

[書評] 有川 浩 / 『阪急電車』

阪急電車 有川 浩 / 『阪急電車』 / 2010-08(2008-01) / 幻冬舎文庫 / C

『図書館戦争』など、あらすじを聞いたり評判の人気作家と聞いて一度読んでみたいと思っていた有川浩。 「映画化決定!!」という帯とともに平積みされていた本書『阪急電車』を手にとりました。

阪急電車の今津線というローカル線で起きる人生模様を、うまく電車の中の触れ合い・乗り継ぎ・擦れ違いとしてフェードアウト/フェードインさせながら連結して描きます。

ヒネクレモノですみません。
ほのぼの+勧善懲悪+清く正しく美しい男女交際。 面白いストーリーに巧みなプロット。 どこにも文句のつけようがないように見えるし、実際、読書中はかなり楽しかったのですが、なぜかよい作品、お勧めしたい本として取りあげたくなりません。

きつい言葉でいうと、ファストフード臭がします。
確かにお腹は膨れるし味も少々濃いかなとは思うけどそれほど不味くないというかむしろおいしい。でも、やっぱり、それは半分工場とでもいうべきキッチンでマニュアル通りに右から左へと手間をかけずに作られたものなのです。

Amazon.co.jp: 『阪急電車』

posted by ほんのしおり at 00:07| Comment(0) | TrackBack(1) | 書籍・雑誌
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/58326225

この記事へのトラックバック

阪急電車 有川浩著
Excerpt: 恋の始まり、別れの兆し、そして途中下車……関西のローカル線を舞台に繰り広げられる、片道わずか15分の胸キュン物語。大ベストセ ラー『図書館戦争』シリーズの著者による傑作の連作集。 (by amazon..
Weblog: 国内航空券【チケットカフェ】社長のあれこれ
Tracked: 2010-09-24 20:10